in the blue shirt.com

All entries by Arimuri

bibio新作『Ribbons』クロスレビュー寄稿

webメディアMikikiの企画にて、bibioの新譜のレビュー書いてます!!!何文字あっても足りねーっ! ビビオはなぜ心に寄り添うのか? 新作『Ribbons』を菅野結以、in the blue shirt、小野島大がクロス・レヴュー | COLUMN – Mikiki
ビビオはなぜ心に寄り添うのか? 新作『Ribbons』を菅野結以、in the blue shirt、小野島大がクロス・レヴュー | Mikiki

【今週のマストチューン】カックマダファッカ、 田我流、in the blue shirt〜4月第4週〜 [Fashionsnap com]

毎週金曜日、最新アルバム・EPの中からFASHIONSANP.COMが独自の視点でピックアップする音楽連載「今週のマストチューン」にてアルバム「Recollect the Feeling」のレビューを掲載いただいております。
【今週のマストチューン】カックマダファッカ、 田我流、in the blue shirt〜4月第4週〜

in the blue shirt 2ndアルバム「Recollect the Feeling」2019 4/24発売

190312_recollectthefeeling_artwork-CD

2年半ぶりの2ndフルアルバム『Recollect the Feeling』を自身の新レーベルよりリリースいたします。
アートワークは伊藤猛氏によるものです。

ありがたいことに、発売に際して蓮沼執太氏、tofubeats氏、中村佳穂氏、川辺素氏(ミツメ)の三名からコメントをいただいております。

ご購入、ご予約などは以下から可能です。
■タワーレコード
https://tower.jp/item/4885969/Recollect-the-feeling
特典としてパンダポーチがつきます。(数量限定、無くなり次第終了です)
ぱんだ
■アマゾン
https://www.amazon.co.jp/dp/B07PXCQVDL/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1553074502&sr=8-1&keywords=wl-001
■HMV
https://www.hmv.co.jp/product/detail/9725863
■ブリッジ
http://bridge-inc.net/?pid=141568687

———————————————————————————
2016年に発売した1stアルバム『Sensation Of Blueness』は多くの音楽リスナーの心を掴み、トラックメーカーin the blue shirtは大きく活動の場を広げることとなりました。この2年あまりで、TVドラマ「電影少女」での劇伴をはじめとして、リミックス制作、企業やアーティストへの提供などなど数多くの楽曲を発表してきました。そんな沢山の経験を積んだ中でまた一人での制作に立ち返り、より洗練されたソングライティングセンスで温めてきたアイデアを惜しみなく詰め込んだ渾身の2ndフルアルバム『Recollect the feeling』を完成させました。これまでの2年間とここからまた新たにスタートを切る想いを込めた「Cast off」や、自身のルーツへのリスペクトを込め、メンバーにigrek-u、武田啓希(バレーボウイズ)、isagenを迎えたバンド編成でスタジオにてレコーディングされた意欲作「Fork in the road」を含む全10曲収録。本人主宰の新レーベルThe Wonder Laundryよりリリースです。

推薦コメント

コメント(敬称略)
<蓮沼執太>
僕たちが音楽に頼ってしまう喜怒哀楽が全部詰まってるPOPSですね!

<tofubeats>
切り刻まれた言葉になる前の声。有村くんのカットアップはいつも誰かに何かを伝えようとしている気がします。これまでのハードさを少々抑え、いつでも聞けるリスニングアルバムとなった今作は、きっとあなたの忘れていた感情も思い出させてくれるでしょう。

<中村佳穂>
アリムラさんの音楽って元あった音楽がバラバラのパーツになって、もう一回組み立て直された癖の強いレゴ城のように見えるのですが、全てが小さいパーツの集合なのに全体の勢いを損なわず、むしろイキイキと輝いてて、良かったね、居心地良さそう、ああ、最高だよね。
私も君達と新しい次元で会えて良かったよ、って聴いてていつも思います。要は最高って事です。

<川辺素(ミツメ)>
共感を求めるのとは違った方向で、自分の快楽にストイックに向き合うようなアリムラ君の姿勢はいつも素敵だなと思っています。そんな気高さを持ち合わせていながら、反するような彼の楽曲の親しみやすさは音楽へのあふれる愛情と普段のユーモアがそうさせているんでしょうか。アルバム完成おめでとうございます。いつも応援しています。

・曲目
1.Lost in Thought
2.Gray Herons
3.Between Us
4.Casual Remark
5.Good Feeling
6.Bamboo Leaf
7.Cast Off
8.Fork in the Road
9.On a Saturday
10.Riverbed